定禅寺通の沿道経営体による

エリアリノベーションパース

仙台市では、定禅寺通における公共空間(公園・道路・歩道)の再構成に向けて検討が始まっています。それを受けて、沿道の不動産オーナー(株式会社協立ビル)が中心となり、沿道経営体(ストリートアライアンス)の設立を目指しています。

これは、沿道経営体(ストリートアライアンス)とともに考えた「定禅寺通において公民連携事業」のパースになります。歩道がより人間中心の豊かな都市生活を楽しめるよう歩道から車道に自転車を落とし、代わりに自転車レーンをつくります。自転車が歩道からなくなったことにより、歩道ではオープンカフェのテラス席やキッチンカー、人々が憩えるストリートファニチュアが設置されます。また、公共空間が人間中心の豊かな空間になるで、人々がゆったり歩くようになります。公共空間のリノベーションに刺激を受けて、民間不動産のテナントがより街に賑わいをもたらすカフェやバルなどに切り替わる様子を描きました。

Contact /

Recruit

〒989-2241

宮城県岩沼市館下3丁目1−23

TEL:080-3587-6586

MAIL:info@l-p-design.com

1級建築士事務所登録番号

宮城県知事登録 第18410009号