Works

定禅寺パークレット

-JOZENJI PUBLIC PARKLET-

パークレットとは、米サンフランシスコで誕生した道路空間活用の手法です。

道路上や駐車帯等の空間において、机・椅子などのアメニティの他、植物が植えられたプランター等を

配置したパークレットを設置することで、車中心の道路空間を、人が溜まったり、休憩したり、

飲食したりできるような魅力的な空間へと変貌させるものです。

 

定禅寺パークレットは、定禅寺通沿道の不動産オーナー 株式会社 仙台協立と、補助金に頼らない都市回遊型マルシェ「GREEN LOOP SENDAI」を主催するせんだいディベロップメントコミッション株式会社を中心とする「定禅寺ストリートアライアンス」によって、定禅寺通活性化検討会と仙台市が実施する社会実験としても連携をはかり、仙台では初めてのパークレットとなりました。

また、完全民間資金でのパークレット設置は、全国的にも初めての試みとなっています。

沿道の賑わいや、歩行者中心の豊かなパブリックライフのシーンが日常化することを目指しています。

 

設置期間 : [第一期] 2019.10/18(金)〜20(日)

設置主体 : 定禅寺ストリートアライアンス(定禅寺通活性化検討会プロジェクト型ワーキンググループ)

企  画 :  株式会社仙台協立、せんだいディベロップメントコミッション株式会社

設  計 :  L・P・D architect office

施  工 :  共栄ハウジング株式会社

塗料提供 : オスモ&エーデル株式会社

協  力 : せんだいリノベ―ションまちづくり実行委員会